男の人

害獣による被害は早めに解決しよう|コウモリ駆除に役立つ情報ガイド

イタチが家に住み着いたら

女性作業員

イタチの特徴と被害

日本に住む野生のイタチはニホンイタチとチョウセンイタチの2種類です。30センチ程の体にふさふさの長い尾が特徴で、チョウセンイタチの方がニホンイタチよりも一回り大きくなります。通常野山に住むイタチですが、民家の天井裏や床下に巣を作ってしまい、問題になっています。特に、チョウセンイタチは都市部にも多く巣を作っていて、被害が出ています。イタチが住み着くつと、屋根裏で騒音がし、巣を作る際に断熱材を噛みちぎってしまいます。ネズミと同じように台所の食品や生ゴミを荒らしたり、糞尿で天井に染みができてしまったり、いうこともあります。イタチを介して繁殖するダニやノミによる健康への影響も心配です。異変を感じたら早めにイタチ駆除を考えましょう。

駆除するためには

イタチ駆除は狩猟期間内であれば、土地の所有者の許可を得て行うことができます。それ以外の期間に行う場合は有害鳥獣駆除の許可が必要になります。また期間内であってもメスは捕まえてはいけませんので注意しましょう。イタチを捕まえるにはイタチが通りそうな所や天井裏にイタチ駆除用の罠を仕掛けておきます。餌は鶏の唐揚げやバナナなどが効果的です。もしイタチが1匹つかまっても巣を作っても何匹かいる場合がありますので続けて罠を設置しておきましょう。イタチを追い出す場合は忌避剤などを使いましょう。巣の出来ている場所や侵入口から少し離れた所に設置して、イタチが出て行くよう仕向けます。イタチは強い光を嫌いますのでストロボなどの光やCDの反射光なども有効です。一度追い出しに成功しても、侵入口があるとまた戻ってきてしまうこともあります。イタチがいなくなったら、細かい金網などで塞いでおきましょう。個人で難しい場合はイタチ駆除をしてくれる業者がありますので、相談しましょう。